<   2006年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
穏やかな一日
お昼,学年室にいたら
「た~いへん,たいへん!」
って子どもが呼びに来るから,「ケンカか?」と思って
すっ飛んで教室い行ったら,
「せーの」「せんせー,おめでとー!」
とみんなが牛乳で乾杯してくれた。

放課後,
「学年打ち合わせやりませんか?」
って学年主任に呼ばれて学年室に行ったら,同学年仲間が
ろうそくを立てたケーキを用意して待っていてくれた。

何が嬉しいって,思ってくれる気持ちが嬉しい。
わたしのために,ありがとうね。って申し訳ないくらい。
今日は,心から素直な気持ちで「ありがとう」って言えた。

ちゃんと,今一緒に頑張る仲間がいる。頑張れる。
「元気を出せばくじけない!」だね。大変な時はとりあえず
元気だけ先に出してしまえっ!・笑。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-05-30 22:17
久々に
休みの日の夜が辛い。
すんごい人恋しい。
仕事の量と,責任に押しつぶされそうになる。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-05-29 22:02
夜の理科室
薬品の補充注文をしなきゃと,夜になってから理科準備室へ。
ほんっと,夜の学校って薄気味悪い!

準備室ってこれまた真っ暗~な狭い部屋なんですよね。
薬品のにおいするし,生物系のあんなものやそんなものがたくさん置いてあるし・・・。

なんか出やしないかとビクビクしながらも,作業終了。
ここまで無事だったのに,帰りがけ,ドアを開けようとして,そばに置いてある,ビニールがかけられているものがやけに気になる・・・。
ビニールとらなきゃ良かったのに,安易にとって失敗した。
薄笑いを浮かべて(わたしにはそう見えた),体が半分開かれた人体模型に至近距離で遭遇。
ビビってとびすさったと同時にずっこけ⇒あらゆる実験道具をばら撒き⇒大きな物音⇒半径50メートル内にいた職員が何事かと集まる   

・・・・・・。

「さっすがはなさん!」というイメージがうまくできあがっていたのに(ようするに作った),これはマズイわっ!
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-05-26 22:00
忘れられない一節
学生の時に読んだ本にあった。
「迷いもせずに何かに集中している時や,邁進している時は,そりゃあ楽しいし,有意義に思うかもしれませんが,そういう時は実は,人間は消耗し磨耗しているのです。人間というのは,迷い,悩み,苦しんで,あたかも停滞しているかのように思える時こそ,実は大いなる成長を遂げているのです。」
これがとっても印象的だった。
そうか,そうか…って真に受けて何にも頑張らないで好転を待っているだけだったらそれはおバカだけど,大変の時にできるだけのことをしてじっと耐えればきっと力になるさ。
あたしは,まだまだ「うまくいった!」ってことの方が少ないくらいだから,時々思い出す。
(でも,正直な話,やっぱり邁進できるならその方が何倍もいいけどなぁ…!笑。)
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-05-24 01:01
ミニ運動会
帰ってきて机の前に座ったと思ったら,記憶が今にとんだ。
なにーっ,ほっぺにPCのキーボードの跡がついちゃったよ!
あ,ありえない…↓
今日(もう昨日)は低学年のミニ運動会。
またまたリズムダンスの担当になってしまって,連日
「ちっがーう!もう一回!」とほえまっくた。雨ばっかりで,外練習が充分にできなかったのも心配のタネだったし…。
でも,今日のダンス見て,救われた。びしぃ!ってそろって,目を見張った。子どもも楽しんでいたし。
やれやれ,いくつかある肩の荷の中で,これでやっと一つがおりましたよ…。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-05-24 00:39
やった!
7月2日のチケットとれた!
大塚愛・コブクロ・スキマスイッチ・一青窈・平原綾香…。
夢のような取り合わせだわ。

やっぱ,一青窈と平原綾香はこの中でも格別楽しみだな。
好きな曲,やってくれないかな…。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-05-22 22:30
久々の快晴。
ほんっと,気持ちよかった。

今日は前の学校の運動会。どんぴしゃで晴れるとは!あたしのおかげだな!(?)
2年続けて受け持った子どもたちは,6年生に。大きくなっていてびっくりした。子どもの一年は大きいね。実感。

ここの学校の見所はなんといっても4・5・6年生の「ソーラン節」。(3学年あわせても40人強しかいないんだけど)
この学校の子たちのソーラン節は,ちょっとやそっとの中学生でもできないと思う。毎年,練習でドラマがあって,子どもたちも運動会って言えばソーラン節!になってる。
6年生は特に,コワイくらい真剣な目で。あの,限界ぎりぎりの迫力ある踊りに,みんな感動でふるえた。
2年間一緒に過ごしてきて,「この子たちは何があっても泣かないんじゃないか」とさえ思ったのに,その子たちがみんな校庭の真ん中で涙を隠さない。この子たちが,泣いたよ…。

こういう体験って大事だよなぁ…って思う。絶対心の栄養になる。わたしも,似たような充実感を味わって,教員になることも,自分の信念も決まったから,よくわかる。あの子たちと一緒にいられる今の担任が,ほんと羨ましかった。
そして,この後に誰でも参加できる「みんなでソーラン」っていう種目があるんだけど,子どもたちが何人も「先生,一緒に踊ろうよ」「待ってたよー!」って迷わずに迎えにきてくれたのは,嬉しかったなぁ…。この時の感動と喜びを,なんていう言葉で表したらいいかわかんない。平べったい言葉なんだけど,「みんな,ありがとう。本当にありがとう。」

ほんとは,もっともっと,ずっとずっとあの子たちと一緒にいたい。それくらい,思い入れのある子たち。
でも,わたしはわたしで頑張らなきゃいけない場所が別にあるんだよね。一緒に頑張る子どもたちも,別にいる。
これから何年たっても,いつでも胸はって教え子たちの前に出ていけるように,今の自分の子たちと本気になって頑張っていかないと。
やっぱり,「自分のやるべき目の前のこと一つひとつに力を尽くそう」って考えは間違ってなかった。
4月は色々なことに振り回されぎみだったけど,やっとこの考えに落ち着いた。弱いから,またすぐナヨナヨな時が来るだろうけど。エヘ。でも,頑張るんだもん。これが自分の価値観だから。

こんなふうに,自分のことを勇気づけてくれたり,振り返るチャンスをくれたり,成長のチャンスをわたしにもくれたりするから,子どもって尊い。

ところで,こんなかったい話を最後まで読んでくれた方,ご苦労様でした。(^^; そして,ありがとう。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-05-21 22:04
本当はね。
1月に東京で会ったのも、4月に京都へ行ったのも、研究会があったからじゃないんだ。
「研究会」なんて大嘘。ただ、会いたい一心で。
嘘が大っ嫌いな人なのに、こんな嘘がわかったら軽蔑されちゃうかも。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-05-14 01:06
ふらっとひとり
鎌倉の旅。
鎌倉といえば『鳩サブレ』ですが,実は鶴岡八幡宮の通りにある本店にしか置いていないというレアな商品をご存知か?
『鳩三郎』というサブレそっくりのキーホルダーです。(もちろんサイズはミニ。)
初めて見たとき,「…ふ~ん…。」くらいの反応だったのですが,わたしの習っているピアノの先生が超・超欲しがっていたので,おみやげにしました。ちなみに,本来買うべき『鳩サブレ』は一枚も買っていません。いいのかそんな観光で…。
いいのです!鎌倉といえば,『鳩サブレ』だけではないっ!まぁそれはそれでいいが,わたしが一番おすすめなのは,紅谷の『あじさい』なるお菓子です!これは…わたしのお好みだねぇ。今日も真っ先にお店に行っちゃった。
お香の老舗にも行って,新しいのを選んできたし,久しぶりの鶴岡八幡宮だったし,牡丹の花も見事だったし,お天気も穏やかだったし,文句なし。
お香は,白檀系の香りが好き。だからお寺の香りも大好き。京都を思い出すなぁ…。グスン。
今,ちょうど買ってきた白檀を焚いているのだけど,香りまでブログに紹介できなくて残念!
これはこれで気に入ったよ。でも,思い出がついているだけ,京都産寧坂の松栄堂『ときの香』が一番かな。一生忘れないと思う。

それはそうと,今日は穏やかそうで結構風が強かった!フェリーに乗って,千葉県から神奈川県に渡ったのだけれど,船ががっつんがっつん揺れて,そのたんびに白い派手な波しぶきをたてて,ちょっと怖かった。甲板にいると,かばんも髪も,そして自分自身も吹っ飛ばされそうになる。台風並み?よく船が止まんなかったよなぁ。

今日は,満喫とまではいかなかったけど,楽しんで帰ってきたよ。帰り,東京駅からバスに乗り込むとき,寂しかったもん。そう思うときはたいていいい思い出になったとき。(そして何かから逃げているとき!?)バスの中では,ハナミズキやS.E.N.S.聴きながら,思いっきり自分の思考の世界にはまってきちゃった。これも,切ないけど好きな時間。
春の,いい一日だったなぁ。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-05-05 22:09
心から願っているのに
なんでこう,希望通りにいかないんだろう。
仕事も,恋愛も。生き方そのものも。
こういう事実に気がついてしまった人ほど,どんどん深みにはまっていっちゃうっていうか…。
なんか,さみしいよね。

もっと、かっこよく生きたいのに。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-05-04 22:37
  

進んだり、もどったり、時に飛んで歩む。
by rin-horo-horo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31