<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧
梅雨明けを心待ちにしています。

(ちょっと関係ないけど)
うちのおかん・2
何度言っても、イモリの「ビクトリア」を「エリザベス」って間違える…。
(も~、だんだんどうでもよくなってきた。)

かたっぽは、未だ名ナシなの。何がいいかな…。「ひでよし」は速攻反対された。じゃあ~…。
動物でこれだもん。人間の子につける時は、世の中のお父さん・お母さんはそりゃ悩みますわな。

今日は日直なのに、8時を5分ほど遅刻してしまった。。。
家を出た時間からして、どうやっても間に合わない。
「仕方ない、着いたら相棒に謝ろう。」・・・と開き直って出勤・・・したんだけど、
「相棒、来てないじゃんっ!」

そう、遅刻したわたしより更に遅刻しているのでした。初任の女の子なので、ちょっとイジワルにからかってやる~♪と思っていると、携帯に電話が・・・
「せ、先輩っ。さっき起きました。今、したくのすべてを放棄してそっちに向かってますっっ!びゅ~っと!」

多少意味不明な日本語が、彼女の混乱ぶりをあらわしているようで、ちょっと気の毒に思った。
30分後・・・

「すみませんでしたーっっ!!」
と、飛び込んできた彼女のシャツは、なんと裏返し。。。
縫い目、ばっちり。洗濯したの、そのまま着てきました!って感じ?
あまりにかわいそうになったので、イジワルどころか、
「よくこの時間に来れたね。危ないから今度はゆっくり来なよね。」と身の上まで案じ、そっと着替えに向かわせたのでした。
2つしか違わない初任さんだけど、・・・若いねー。
こりゃ、性格の違いなのかな?

ということで、明日も日直です。↓↓↓
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-07-27 21:23
一日集中研修、初日終了。

なぁんだか、中国語みたいなタイトルになっちゃった…。

今日明日は、うちの学校の一日集中研修。
出勤してから退勤まで、全部研修。とにかく研修。
代わる代わる提案で、頭が「ごちそうさま」って言ってる。

わたしも、「理科教育の方針」と「全国公開授業の構想」を提案してきた。
時々、早稲田大の先生とか、附属の先生とかが勉強に来てるんだけど、こういう時、提案者側としては、きわどい質問を浴びせられるので、はっきり言って「敵」!
でも、一つ終わったよー。ばんざーい!明日は聞くだけ♪

今朝は、研修が始まる前、同学年の先生とケンカ。指導の仕方について、
「それじゃ、子どもの数が多いのに、さばけない!」
「でも数ばっかりさばいたって、能力的な質はあがらないですよね!?」
…とまぁ、イタチごっこのような言い争い。

いや~な雰囲気のまま研修に入ってしまったので、お昼に会った時、できるだけ普通に話しかけた。すると突然、
「今朝はごめんねっ!」と謝られてしまった。
「言われてること、よくわかるし、どうにもできないでいるから、ついイライラしちゃってさ。」

やられたーっっ…。
急に自分がすごい強情に思えてしまった。あたし、こんなに素直に謝れないよ。さすが、先輩、大人だわ。
ケンカ状態は収まったし、相手はもう済んだつもりだけど、わたしはまだ、「ゴメンナサイ」の言葉を言えていない。
自分の非も認めるのに、なんで、素直に言えないかなー。これじゃ、わたしの完全な負けだなぁ。すっごいコドモじゃん。

子どもには、「ごめんなさいがすぐ言えない」って簡単に注意するけど、素直に謝るのって、なかなか難しい。
素直になれない強情っぱりはあたしかも。。。
腹がたって、かわいくないの!って自分に言ってみた。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-07-25 19:53
うちのおかん。
まず、うちのおかん。

保護者と面談をしていると、「♪♪♪~」とメールが入った。

件名:ちぃ
すぐれんらくちようだいあんたに世紀ゆうしょキテる

お母さん的に、一生懸命打ったメールだってことはわかるけど、
「あぁん?意味わかんない。」
でも、「すぐ連絡」っていうのは読めたから、次の面談の人に待ってもらって電話してみる。

「お母さん?どうしたの。」
「アンタ、なんかカードで買い物した?請求書が来てるのよぉ。引き落としができてないとかって、何やってんのよぉ。」
「カード?使ってないよー。ほんとにアタシに?」
「あ?あれっ?アンタ宛てじゃなくてお兄ちゃん宛てだったわ。やーだ、ごめんねぇ。」
「ちょっと、よく見てよ!面談してたのに!」
「ごめん、ごめん。ところでアンタ、今日帰って来る時、ジャスコで買ってきてほしいもんが・・・」
「じゃーねっ!」ぷつっ。・・・。

もーやれやれ・・・といささかげんなりしながらも、次の方と
面談を始めると、またもや「♪♪♪~」

「先生、メールかなんかきたんじゃないですか?」
「すみませんね。ちょっと失礼します。」

あけてみると、母メール。

件名:お兄ちゃん
すぐれんらくちようだいあんたに世紀ゆうしょキテる

おかん・・・。お兄ちゃんに送ったつもりなの?またあたしんとこ来てるけど・・・。

あたしの憧れるのお母さんは~、ロングスカートとかいつもはいててー、エプロンが似合ってー、物静かでー、ハーブなんか育てちゃってー・・・・・・。なのにぃ。。。
おかーーさーーーーん!!!

いいよ、いいよ。あたしのお母さんだもんね。ははっ。これでも習字と着付けは生徒さんを持ってて、あたしも小さい頃から字はビシビシやられた。一体、どんな顔して教えていることやら・・・。すてきなママですわ。

教頭先生にも失礼しちゃうっ。
「おめぇよぉ、たまにはピンクの服とか着てきたらどぉだぁ?」
「・・・。」(そりゃ、セクハラじゃっ!)

「あんだぉ、おめぇ、電話と放送の時だけ声変えやがって。」
「・・・。」(大きなお世話じゃっ!)

職員のみんなにも失礼しちゃうっ。
髪を結ってあると、出会った人がすぐ
「子犬のしっぽみたい。」ってさわってくる。
「・・・。」(さわんないで!)

理不尽なことに怒りっぱなしだった一日。
長くてゴメンナサイ。くだらなくてゴメンナサイ。。。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-07-24 21:18
つんどく。
「この本、返されたんだけどー、持って帰るのも大変だしぃ~、そうだ、貸してあげる!」
って無理やりおばちゃん先生から貸されたのが『ハリーポッター』
全然興味なかったのに、試しに1ページ読んで、ものの見事にハマってしまった。
こんな本との出会いでいいのだろうか?

自分で全巻そろえて、何度も読むほど。
今年の春出た、『ハリーポッターと謎のプリンス』ももちろん買った。
ただ・・・
読むのがおっくうになって、積まれたままになっていた。
今日、やっと読み始めたという塩梅。
いつ読み終わることやら・・・。
ちなみに、映画は絶対見ない。本の方が、細かいし、イメージできて楽しいから。

そういえば、今日は土用の丑の日なんだね。
なんて寒い丑の日・・・。雰囲気出ないじゃないねぇ。
わたしはウナギは見かけの問題で、絶対に食べられない。いや~、違うものに見えてしまって・・・。(^^;好きな人は好きなんだけどね。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-07-23 18:21
巡り巡って
Exciteへ引っ越してきました。
今日からよろしくお願いします。

今日は本当は、友だちと今年の夏旅行の打ち合わせをするはずだったんだけど、
ピアノの調律の予定をすっかり忘れていて、急遽打ち合わせ中止に。
あーん。(;0;)

今年はどこへ行こうかな。。。
ここ2年は北海道にはまってたけど、別のところにしたいなぁ。

本当は、一番望んでいるのは京都なんだけど。

京都で、再会する。一緒に歩く。

これだけの望みなんだけど、なかなかうまくいかなくって・・・。
一人で京都に行ったら、絶対いろいろ思い出して辛いし。泣いちゃうかもしれないな。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-07-23 13:04
一学期、最後の日
季節はずれのように涼しい一日。

本当なら,1学期終了のご褒美でお楽しみの海遊びの日だったのに,大雨で9月に延期に。あっという間に,海がテストに化けてしまったね。
(ごめーん!終わんなかったの!)

それでも,けなげについてきたみんな。4月から,たいへんよくがんばりました。
明日,立派に終業式を終えられたら,夏休みをプレゼントします!\(^0^)/
40日間,徹底的に遊んでおいで。そして,それを上回るほど徹底的に筆算と漢字の練習してきてね!
9月にまた会えるのを心待ちにしているよ。

嬉しいときには「嬉しい」
悲しいときには「悲しい」
美しいものを見たときには「きれい」と,素直に感じて言える子であってほしい。
そして,困っている人がいれば,その思いを感じ取ってあげ,自分が辛いときは,そばにいてくれる人に感謝し,耐え抜ける子になってほしい。

てんてこ舞いな毎日で,この願いを欠かさず意識しているのはなかなかできないことなんだけど。再確認。

明日は,立派に終業式に臨ませる。そして,子どもを帰したときに,「逃げ切った」じゃなくて「やりきった!」って言って終えられるようにしたい!「やりきった!」まで,あと一日。
今から,気合いたっぷりだよ。なんて話して終わろうかな。
明日は,やっぱり特別な日。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-07-19 21:18
旅立ち
高校の時の友だちが、仕事でオーストラリアに転勤になり、今日は成田まで見送りに行って来た。

彼女は、海外で働きたいからって外務省に入ったから、今回のオーストラリア行きは念願かなったわけだ。
それでも、実際話があった時はかなり迷っていた。色々相談受けたけど、結局は自分で決断した頑張り屋さん。
だから、今日はお別れなのにとても晴れ晴れしていた。

えらいなぁ…。自分で決めて、やりたいことにチャレンジして。
なんだか、先を行かれた気分。でも、焦りとかじゃなくって、
「負けてらんない」ってやる気をもらった感じ。
わたしもやるかー!
今の目標はとにかく、最後まで気を抜かずに一学期をやりきって、子どもたちを夏休みに送り込むこと。
あと3日。でも、これまでにないくらい本気になる3日。
頑張ろう。

成田空港へ行く時は、二人で盛り上がりながら行ったけど、帰りの車の中はとっても寂しかったよ。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-07-17 18:33
家族が増えました!

いや・・・人間じゃないんだけど。
人間だったら、どんなにか素晴らしいのに。

前任校を離れる時に、「記念品、何がいい?」
って聞かれたから、迷わずカメをもらった。
(すでにこの時点で話がおかしい…)
その名は「けめ子」。

1匹だけじゃ寂しかろうと、今日、もう1匹のカメがやってきた。その名は「武蔵」。

「けめ子」と「武蔵」。かわいーじゃありませんか。
カメなだけに、全然なつかないけど。

でも、おかしなことに、新しく来た武蔵の方が、けめ子の上に乗っかってみたり、図々しい。がんばれ、負けるなけめ子。

そして、もっとおかしなことに、「けめ子」がオスで、「武蔵」がメスだということが判明した。やーばい!
でも、もう名前交換する気もない。だめだめ飼い主。

もう、ここまで話がおかしくなったら、全部言ってしまおう。

金曜日、隣のクラスの先生から、イモリを2匹預かってきた。
「3日も休みなのに、教室に置いといたらゆだっちゃう!でも、持って帰るのは絶対いや!」
なんてワガママ言ってるから、引き受けて来た。
まったく、最近の若い子は・・・生き物も触れない上にワガママなんだから!
そのイモリ、片方には子どもたちが名前をつけたらしく、なんと・・・

「ビクトリア」

という。
(もう、話の修正不可能なところまで行っちゃった…。)
イモリに「ビクトリア」はないだろう!?とさすがに思った。
子どもたちよ。キミたちの素晴らしいネーミングセンスには脱帽だよ。

え~い、こうなりゃ、あたしがもう1匹の名付け親になってやる!「ルイ16世」でどうだっ!

ちなみに、誤解を招かないように付け加えておくけど、わたしは決して「両生類が大好き♪」ってわけじゃないんだよ
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-07-16 22:15
満足した。
できるだけ心から褒めよう、褒めよう…と思って学校へ向かったけど、子どもに会って第一声はやっぱり「こらぁ!」だった・笑。日常なんてそんなもんだ。

今日は、一日フリー参観、全校集会では、運営・担当してる学友会の引継ぎ式・2年生の舞台発表、そのあと学級懇談会…と一気に乗り越えなければならないヤマがやってきた。
まさに一学期の終わりにふさわしいヤマ。
今朝、「今日は生きて帰って来られるだろうか?」と思った。

目の回るような忙しさに、少々殺気立ち(笑)ながらも、すべてのことをこなすことができた。
いつもなら、自分のクラスの子どものことを「あのね…」って言いたくなるんだけど、今日一番感動したのは、学友会のことかも。(他の学校では生徒会っていってるんだろうか?)

今の学校へ異動になって2年、低学年の担任で、5、6年生の子どもなんて全然知らないのに学友会の担当になってしまった。「全校を動かす子ども」を動かすわけだから、決まった時、「知らないのにできないよぉ…」って感じのスタートだった。
それが今日、5ヶ月たって、次の役員に引き継がれたわけだ。
いつもはへらへらしてるメンバーが、全校の前で堂々と話をして引き継がれていくのを見て、思わず感動して涙がこぼれてしまった。とっても、頼もしかった。
早く任期が終わってくれないかなーと重く感じたこともあったのに、まさか「さみしい」と思うなんて。
引継ぎ式のあと、何人もの先生や子どもたちが「感動しました」って声をかけてくれたこと、任期を終えた子ども達にそっと教えてあげた。
自分でも、できないと思っていた仕事ができた。そして、あの子たちと一緒にできて楽しかった。とっても、満足した。

学級懇談の後で、ある保護者の方に話しかけられた。
「いつも夜、わたしが絵本を読んであげるんだけど、この間は、子どもの方からお話をしてくれたんですよ」って。
指導主事訪問の日に道徳でやった『きつねとぶどう』の話をしたらしい。
母さんぎつねが自分の命をはって、子ぎつねを守る。何年かしたときに、子ぎつねはそのことに気づき、今はもう会えなくなった母さんぎつねを思って泣くっていう話。
「ありきたり?」と思っていたんだけど…。
でも、2年生でこの話を聞いて「ワンパターン」って思うような心にはなってほしくないからやってみたんだ。
保護者の方は「その話をふとんの中でしながらね、うちの子が泣くんですよ。」って教えてくれた。「まだ、誰の死にも出会ってないあの子が、初めて生死のことで泣きました。」って。
わたしは、そのお話に感動してしまった。
純粋な子だなぁ…。
決して泣いたからいいってわけじゃないんだけど、少なくともその子の心には、涙が出るほど残ったわけだ。
ずっと、額に入れてとっておきたいような話を教えてもらった。

学友会と、今日のこれだけのことでも、充分今まで頑張った甲斐があったよ。ほんと、満足した
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-07-15 01:06
いい風がふいている。
部屋に入ってくる。昼間の暑さがうそみたい。

今日、初任さんに、
「先生のクラスはなんだか『学級』って感じしますよね。みんな素直でいいですね。」
って言われた。思ってもない言葉に、
「えっ?」
なんて言っちゃったけど、そう褒められて、はっとした。
今日、子どもたちに怒ったあんなことやこんなこと。あんまり褒めなかったなぁ…とか。
みんな、結構頑張ってるんだろうな。けなげなところ、あるもんね。
子どもたちは担任を選べないんだから、あたしが子どもにとって「いい先生」でいてあげないと、かわいそうだよな…。
明日は、色々話を聞いてあげよう。たくさんの子を褒めてあげよう。

2年生の教材に、「つけもののおもし」って詩がある。

  つけものの おもしは
  あれは なに してるんだ

  あそんでるようで
  はたらいてるようで

  おこってるようで
  わらってるようで

  ねぼけてるようで
  りきんでるようで

  おじいのようで
  おばあのようで

  つけものの おもし
  あれは なんだ

これって、大人な詩だよなぁって思う。人間みたいじゃない?
 うまくいってるようで
 つまずいていたり

 運が悪いようで
 実はラッキーだったり、

 友だちがたくさんいるようで
 気づいたらさみしい思いをしていたり

 手が届きそうで
 実は遠かったり

 なんでもこなしてそうで
 役に立ててなかったり

 スマートでかっこよく生きてるようで
 内心、幼稚な自分と闘ってたり

 これは なんだ              考えすぎ?

全部あたしのことなんだけど。
[PR]
by rin-horo-horo | 2006-07-12 00:56
  

進んだり、もどったり、時に飛んで歩む。
by rin-horo-horo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31