明日、最後の日。
今日、学年主任に「一年間、初めての学年だったから本当にお世話になりました」と挨拶をしたら、自然と泣けてきて、主任と二人、しばらく大泣きをしてしまった。
これで、自分は大変な6年担任の一年間を、かなり充実して過ごせていたんだなと気がついた。
やっぱり一番大変な学年だなぁと思う。「1年生と6年生」とよく言うけど、1年生は「1年生だから許される」ってこともあるんだ。6年にはできなくて許されることなんてない。そういう意味で6年は常にまわりから見られてて、気が抜けなくて、いつも何かに追われているような感覚が辛かった。毎日が力一杯だった。毎日力一杯やらないと、無事に一日を過ごせないって感じだから。
それで、余裕がなくて主任には心配もかけたし、指導の力が及ばなくて、これまた力一杯怒られてへこんだりもした。




でも、こういうことも含め、6年の一年間をやりきったという経験は宝だよ。やらなきゃわからないことっていっぱいあるもの。
そして、一年間主任の背中を見てこられたのも宝。
「今だから内緒で言うけど、6年メンバーは私の指名だったんだ」って教えてもらって、嬉しかった。
もちろん、安心して任せられるって意味で選ばれてるわけじゃないんだけど…。でも、育てようって思ってくれたってことなんだなぁとわかった。
どちらも異動するわけじゃないんだけど、この学年が解体されることが、ものすごく寂しい。
子どもの指導に関しては厳しくても、放課後はどの学年よりも笑いが響いたと思うから。
いいメンバーで、いい主任で貴重な学年ができてよかったぁ。
明日、ラストの一日。
[PR]
by rin-horo-horo | 2009-03-30 23:42

進んだり、もどったり、時に飛んで歩む。
by rin-horo-horo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31