やった!
7月2日のチケットとれた!
大塚愛・コブクロ・スキマスイッチ・一青窈・平原綾香…。
夢のような取り合わせだわ。

やっぱ,一青窈と平原綾香はこの中でも格別楽しみだな。
好きな曲,やってくれないかな…。
[PR]
# by rin-horo-horo | 2006-05-22 22:30
久々の快晴。
ほんっと,気持ちよかった。

今日は前の学校の運動会。どんぴしゃで晴れるとは!あたしのおかげだな!(?)
2年続けて受け持った子どもたちは,6年生に。大きくなっていてびっくりした。子どもの一年は大きいね。実感。

ここの学校の見所はなんといっても4・5・6年生の「ソーラン節」。(3学年あわせても40人強しかいないんだけど)
この学校の子たちのソーラン節は,ちょっとやそっとの中学生でもできないと思う。毎年,練習でドラマがあって,子どもたちも運動会って言えばソーラン節!になってる。
6年生は特に,コワイくらい真剣な目で。あの,限界ぎりぎりの迫力ある踊りに,みんな感動でふるえた。
2年間一緒に過ごしてきて,「この子たちは何があっても泣かないんじゃないか」とさえ思ったのに,その子たちがみんな校庭の真ん中で涙を隠さない。この子たちが,泣いたよ…。

こういう体験って大事だよなぁ…って思う。絶対心の栄養になる。わたしも,似たような充実感を味わって,教員になることも,自分の信念も決まったから,よくわかる。あの子たちと一緒にいられる今の担任が,ほんと羨ましかった。
そして,この後に誰でも参加できる「みんなでソーラン」っていう種目があるんだけど,子どもたちが何人も「先生,一緒に踊ろうよ」「待ってたよー!」って迷わずに迎えにきてくれたのは,嬉しかったなぁ…。この時の感動と喜びを,なんていう言葉で表したらいいかわかんない。平べったい言葉なんだけど,「みんな,ありがとう。本当にありがとう。」

ほんとは,もっともっと,ずっとずっとあの子たちと一緒にいたい。それくらい,思い入れのある子たち。
でも,わたしはわたしで頑張らなきゃいけない場所が別にあるんだよね。一緒に頑張る子どもたちも,別にいる。
これから何年たっても,いつでも胸はって教え子たちの前に出ていけるように,今の自分の子たちと本気になって頑張っていかないと。
やっぱり,「自分のやるべき目の前のこと一つひとつに力を尽くそう」って考えは間違ってなかった。
4月は色々なことに振り回されぎみだったけど,やっとこの考えに落ち着いた。弱いから,またすぐナヨナヨな時が来るだろうけど。エヘ。でも,頑張るんだもん。これが自分の価値観だから。

こんなふうに,自分のことを勇気づけてくれたり,振り返るチャンスをくれたり,成長のチャンスをわたしにもくれたりするから,子どもって尊い。

ところで,こんなかったい話を最後まで読んでくれた方,ご苦労様でした。(^^; そして,ありがとう。
[PR]
# by rin-horo-horo | 2006-05-21 22:04
本当はね。
1月に東京で会ったのも、4月に京都へ行ったのも、研究会があったからじゃないんだ。
「研究会」なんて大嘘。ただ、会いたい一心で。
嘘が大っ嫌いな人なのに、こんな嘘がわかったら軽蔑されちゃうかも。
[PR]
# by rin-horo-horo | 2006-05-14 01:06
ふらっとひとり
鎌倉の旅。
鎌倉といえば『鳩サブレ』ですが,実は鶴岡八幡宮の通りにある本店にしか置いていないというレアな商品をご存知か?
『鳩三郎』というサブレそっくりのキーホルダーです。(もちろんサイズはミニ。)
初めて見たとき,「…ふ~ん…。」くらいの反応だったのですが,わたしの習っているピアノの先生が超・超欲しがっていたので,おみやげにしました。ちなみに,本来買うべき『鳩サブレ』は一枚も買っていません。いいのかそんな観光で…。
いいのです!鎌倉といえば,『鳩サブレ』だけではないっ!まぁそれはそれでいいが,わたしが一番おすすめなのは,紅谷の『あじさい』なるお菓子です!これは…わたしのお好みだねぇ。今日も真っ先にお店に行っちゃった。
お香の老舗にも行って,新しいのを選んできたし,久しぶりの鶴岡八幡宮だったし,牡丹の花も見事だったし,お天気も穏やかだったし,文句なし。
お香は,白檀系の香りが好き。だからお寺の香りも大好き。京都を思い出すなぁ…。グスン。
今,ちょうど買ってきた白檀を焚いているのだけど,香りまでブログに紹介できなくて残念!
これはこれで気に入ったよ。でも,思い出がついているだけ,京都産寧坂の松栄堂『ときの香』が一番かな。一生忘れないと思う。

それはそうと,今日は穏やかそうで結構風が強かった!フェリーに乗って,千葉県から神奈川県に渡ったのだけれど,船ががっつんがっつん揺れて,そのたんびに白い派手な波しぶきをたてて,ちょっと怖かった。甲板にいると,かばんも髪も,そして自分自身も吹っ飛ばされそうになる。台風並み?よく船が止まんなかったよなぁ。

今日は,満喫とまではいかなかったけど,楽しんで帰ってきたよ。帰り,東京駅からバスに乗り込むとき,寂しかったもん。そう思うときはたいていいい思い出になったとき。(そして何かから逃げているとき!?)バスの中では,ハナミズキやS.E.N.S.聴きながら,思いっきり自分の思考の世界にはまってきちゃった。これも,切ないけど好きな時間。
春の,いい一日だったなぁ。
[PR]
# by rin-horo-horo | 2006-05-05 22:09
心から願っているのに
なんでこう,希望通りにいかないんだろう。
仕事も,恋愛も。生き方そのものも。
こういう事実に気がついてしまった人ほど,どんどん深みにはまっていっちゃうっていうか…。
なんか,さみしいよね。

もっと、かっこよく生きたいのに。
[PR]
# by rin-horo-horo | 2006-05-04 22:37
大嘘ぶっこき。
みなさん,ごめんなさい。

今日で広島旅行から1年たった。
1年前は,それはそれは死にそうだった。ほとんど逃げるかたちでこの地域を脱出した。前日まで熱があったし,耳の下は当日もじんじん痛かったのに,そんなのなんの問題でもなかった。現実を離れられないことのほうが問題だった。でも実際,言いたい胸の内を言って,新緑にも癒されて,生き返ったんだよ。あの広島行きがなければ,また一つ,辛さが加わっていたかもしれない。そう思う。
1年たって,少しは強くなりましたか?少しは成長しましたか?「どっか行って,今の自分の世界を一回断ち切らないとやっていけない」。そう思っていないだけ,今年度は元気なのかも?
そうだよね,好きな人のこと一日中考えていられるだけ余裕あるんだよね。その好きな人とも,もう終息の一方な感じなんだけどね。
暗~い性格!これこそ断ち切りたい!もっと,さっぱりきっぱり,かっこよくありたいのに。
[PR]
# by rin-horo-horo | 2006-05-03 01:12
前むきに。ひたむきに。
「ただ,精一杯。ただ,真剣に一生懸命に。」
そう聞いたら,「必死だね。」って思う人がいると思う。
そう。必死なの。自分の仕事に納得できるように,必死なの。
地道なんだけど,小さな納得の積み重ねって,絶対大事だって!小さな積み重ねがなければ,満足感なんて得られない。

必死。負けそうで,くじけそうで毎日が闘い。でも,その毎日を一つ一つ一生懸命やっていくことでしか,自分は納得しない。
わたし,仕事に充実感ややりがいを感じたいの。自分の生き方に誇りがほしいの。こうするしかないんだよ。だから,力の続く限り,ふんばることにした。
それにしても,去年の今ごろは,ほんとに,朝は普通じゃないほどしんどかったね。
[PR]
# by rin-horo-horo | 2006-04-20 23:14
遠足
今日の遠足,本気で相手をするのは,オバサンにはやっぱりきつかった…。へとへとやねん。これで明日もあさってもまだ仕事。ふぃ~。
今日は,気持ちにどうしても余裕がなくて,ちょっと自分でも恐ろしいくらいだった。人に八つ当たりするのを,自分でも止められない。
みなさん,ごめんなさい。
[PR]
# by rin-horo-horo | 2006-04-20 21:18
のびよう。
不安はたくさんある。できないこともあるし,いっぱいいっぱいで憂鬱になることもある。
でも,無理な理想をもって,指ばっかりしゃぶっていないにしよう。いつも「できない,できない」と沈んでばっかいないにしよう。
できることは下の人に教えてあげ,できないことは精一杯自分のできる範囲で努力する。
だた,真剣に,一生懸命に。ただ,それだけ。
[PR]
# by rin-horo-horo | 2006-04-18 20:20
『ろうそく』

ろうそくが 燃えています。
身をすりへらして 燃えています。
なにも そんなにしてまで 燃えなくてもいいのに。
でも
それが本当の心で
うわべの心で燃えているんじゃないから
「ろうそく」が燃えているんです。、
だから,あんなにまでもろうそくが明るい。

これまでの自分を支えてきたこの心を,忘れてはいけない。あきらめてはいけない。くじけてはいけない。頑張らないうちから,疲れてはいけない。
元気を出せば,くじけない!
(でも,くじけそうだよ…!)
[PR]
# by rin-horo-horo | 2006-04-14 18:25
  

進んだり、もどったり、時に飛んで歩む。
by rin-horo-horo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31